バルコニータイルの種類

最近マンションのバルコニーにバルコニータイルと呼ばれるものをひかれているお宅が多くなってきました。


バルコニータイルをひくことによって、印象がとてもかわりグレードアップするので、マンションのディスプレイルームなどではとても多く取り入れられています。

バルコニータイルは多くのメーカーから発売されています、色やデザインたくさんのバリデーションがありますのでご自分のイメージにあったものを選べます。サイズは、大きくわけて3つになります。



100角、150角、300角に分かれており、300角のほうが見栄えが自然に仕上がります。

Youtubeに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

100角サイズの場合は、タイルを敷き詰めて、隙間は専用の樹脂でできている幅調整マットをしようします、100角サイズの利点はなんといっても、他のタイルに比べて安いということです。

価格もお手頃でバリエーションも豊富なのでカラーコーディネートしやすいです。

300角サイズの場合はタイル自体をカットして隙間を埋めます。

東京のエコカラット関連の情報をたくさん掲載しています。

ですから後付け感がなく、とても自然な仕上がりになるのです。

100角だと小さすぎ、300角だと価格があがりすぎる、と迷っている方には150角がおすすめです。

100角よりも大きいので見た目もよく、歩行感も良いです。

高層階のマンションのベランダに施行する場合は、タイルが強風で飛び散ったりしないようにする対策をとることも必要になってきます。


その際には、バルコニーの種類によっても対策がかわってきます。

またルーフバルコニーは通常のバルコニーと比べて強風に弱い面がありますので、さらなる対策が必要となってきます。